就職してみたけど、自分のやりたいこととちょっと違う…
ブランクがあってちゃんとできるか心配…
そう感じているあなたへ。
地域のアットホームな病院はいかがですか?

職員メッセージ

平成元年入職。心に残っているのは看護師7年目の頃、在宅酸素の患者会の日帰りバス旅行を企画し、医師と共に同行したことです。4日前に人工呼吸器をはずした入院患者さんを含む18名が参加しました。医師に車いすを押してもらい海岸まで行った患者さんは「60年ぶりに海を見た。こんなに嬉しいことはない。」と涙ながらに話していました。この姿が忘れられず、こんな企画ができる病院は素晴らしいと思いました。結婚・転居等の事情により一度退職しましたが、健生病院スタッフの看護・医療を語る姿勢や優しい笑顔、温かさにふれ、患者さんの立場に立った医療・看護をしている健生病院で働きたいと思い、14年ぶりに復職しました。今は日々やりがいを感じながら、楽しく働いています。

色々な病院で様々な経験を積んでから、東京健生病院に中途入職しました。その中でも1番しっかりしているのが東京健生病院だと思います。当院では患者さん一人ひとりの立場を尊重し、どのような援助が必要かを職場全員で考えています。中でもご家族に対するきめ細やかな気配りは特に力を入れていると感じます。また私には3人の子供がいますが、3人目が産まれて育休明の時、夜勤や日曜日勤に子供を預かってくれるところがありませんでした。そんな時、ポッポ保育室を立ち上げてくれ、今も娘は元気に通っています。私は中途入職で、周りは年下の方たちばかりでしたが、仕事ができ、看護をしっかり学んでこられているのを感じました。私も最初からここで育つことができていたなら、と少し残念に思っています。

再就職支援体験

練馬区 看護職員フェア

2018年度の合同説明会は終了しました。2019年度の予定は、日程が決まり次第、お知らせいたします。
そのほか、資料請求やご質問のある方は「お問合せフォーム」よりお問合せください。

施設体験のご案内

法人内の病院・老健施設・診療所・訪問看護ステーションでの職場体験が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

・対象:看護師免許をお持ちの方
・お問い合わせ:東京保健生活協同組合 看護学生室(TEL.03-3947-7400)

ご応募・お問い合わせ